So-net無料ブログ作成
二子山 ブログトップ

二子山中央稜 20071209(SUN) [二子山]

北岳バットレスに向けて行なってきた月一クライミング、今年の集大成は二子山中央稜。11月に計画していたが雨のため中止となった、そこでK室夫妻とともにリベンジすることに。8時半に二子山の登山口に到着、途中路面が凍結している場所もあり寒さが心配された。11月に雨の中偵察しておいたので、迷うことなく9時に取り付きに到着することが出来た。

恒例のジャンケンでK室さんが1ピッチ目を登る、手が冷えて核心部で苦労している様子。苦しみながらもなんとか終了点にたどり着いた、フォローで私とI子さんが登ってトップを交代。2ピッチ目は私がリードで登る、日が当たって適度に温まった岩壁と真新しいボルトが続く。半年間トレーニングしてきた効果もあるだろう、今までにない快適で楽しい登攀となった。中央稜最高難度の3ピッチ目はI子さん、ナチュプロのクラックルートに苦労している様子。私はフォローで楽させてもらったが、クラックは右足をジャミングして左手はカンテを使った。核心部は左手をジャミングして右手で細かなホールドをつなぎ、なんとか登ることができた。大きなテラスでピッチを切って4ピッチ目は再び私がリード、ワンムーブの簡単な乗っ越し。5ピッチ目はI子さんがリード、ロウソク岩を見下ろし高度感のあるクライミングらしいルート。6ピッチ目はK室さんがリード、これはルートを外したんじゃないかと思うほどいやらしい。7ピッチ目はジャンケンをせず私が登らせてもらう、階段状のルートを外してトライしてみた。

稜線上の懸垂支点に到着して登攀終了、今回は全7ピッチに6時間もかかってしまった。良いルートなので次回はベストシーズンに登りたい、それにはスピーディな行動が必要だ。


二子山 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。