So-net無料ブログ作成
柴崎ロック ブログトップ

柴崎ロック 20091017(SAT) [柴崎ロック]

1、うまいぞギンナン(5.8)RP
2、エントツ(5.9)RP
3、ウオーミングフック(5.10a)RP
4、マル得うるしぎ(5.11a)TO
5、マル得うるしぎ(5.11a)XX
6、マル得うるしぎ(5.11a)TO
7、マル得うるしぎ(5.11a)XX

久しぶりに早起きして1時間半で龍勢会館を通過、7時半に岩場到着。今日こそ「うるしぎ」を再登したかったが、またしても宿題となった。

RPしたときのビデオを見てきたので、下部の核心は難なくクリア。ところが上部の核心はRPしたときのムーブも、ギリギリで安定感が無かった。このため上部核心のムーブを、トライしながら探ることになった。しかし今回の反省点として、「ムーブを固める」と言う意識が欠けていた。

最後は4便目にも関わらずクリップで迷い、また手繰り落ちしてしまった。足を上げることでガバになるホールドに対して、身体が低すぎたのだ。録画したビデオを見てみると、4便とも異なるフットホールドを使っていた。

次回は1便目で足位置を固めて、今度こそレッドポイントしたい。

うるしぎの備忘録
■上部核心の一手
1、右足は苔の生えたフットホールド
2、左足はかなり左の明瞭なフットホールド

柴崎ロック 20090922(TUE) [柴崎ロック]

1、うまいぞギンナン(5.8)RP
2、エントツ(5.9)RP
3、初心者マーク(5.9)RP
4、ウオーミングフック(5.10a)RP
5、マル得うるしぎ(5.11a)XX
6、マル得うるしぎ(5.11a)TO
7、スーパークリップ(5.10c)RP
8、マル得うるしぎ(5.11a)TO

怪我から復帰して最初のクライミングは、あまりに身体が動かなくて愕然とした。それから週一のジムトレを欠かさず、5ヶ月ぶりに柴崎ロックへ。「マル得うるしぎ」を再登したいと考えていたが、そんなに甘くなかった。
名栗村を通って山伏峠を越え、1時間半で道の駅龍勢会館に到着。一番乗りで岩場に到着して、様子を見ながらアップする。最適なクライミングとは言えないが、なんとか10aまで登れた。
その後「うるしぎ」にトップロープを張って、何度かトライしてみたが続かなかった。自宅に帰ってRPした動画を見てみると、下部核心は簡単にクリアしている。小さなホールドで保持する力と、フットホールドに立ち込むバランスが課題。

柴崎ロック 20090419(SUN) [柴崎ロック]

1、ウォーミングフック(5.10a)UP
2、初心者マーク(5.9)OS
3、ミゾーⅠ(5.9)OS
4、ミゾーⅡ(5.10b)OS
5、シルクピア(5.10d)TO
6、シルクピア(5.10d)RP
7、優等生(5.11c)TO
8、優等生(5.11c)TO

今回の目標は前回核心を越えられなかった「優等生(11c)」。核心が終了点直下にあり、そこまで全身運動のクライミングが続く。核心のムーブを探りたいのだが、それまでに体力を消耗してしまう。

1便目は下部のムーブを忘れており、3ピン目のクリップに苦労した。その後も何度かテンションしながら、ようやく問題の核心部に到着。あれこれムーブを探るうちに、なんとか終了ホールドが取れた。これで全てのムーブが揃った、いよいよレッドポイントを狙う。

ところが1時間以上レストしたのに、全身の倦怠感が無くならない。目標ルートがある日は、トライする便数の戦略も必要だと感じた。

2便目はレッドポイントを狙ってスタート、核心までは意外に順調だった。ところが予定通り核心に突入したのに、頼みのジャミングが甘かった。今にも外れてしまいそうになり、足場を立て直す余裕がなかった。ぎりぎりの体勢になりながらも、なんとか終了ホールドにしがみついた。ところが最後は腕を引きつけたまま、終了点にクリップできずフォール。

なんとも悔しい映像が撮れたのだが、ムーブのミスも見つかった。簡単に終わらせてはもったいないほど面白い、必ずレッドポイントする。

■シルクピア


■優等生(本日の最高到達地点)
名称未設定 4のコピー.jpg

優等生の備忘録
■3ピン目のクリップ
1、ガバの次のホールドを左手で右に引く
2、右足をテラスに乗せて乗り込む

■核心
1、右手で右壁のノブを押さえる
2、左手でクラック下部の2段ホールドの上段を取る
3、右手でクラック下部を左に引く
4、左足を左壁のノブに乗せてキョン
5、左手をクラックの下部にガストン
6、右足を右壁にステミングしてキョン
7、右手をスタティックに逆手でジャミング
8、両足を安定させて終了ホールドを取る

柴崎ロック 20090331(TUE) [柴崎ロック]

経費削減のため休日出勤は代休で消化しなければならない、そんなわけで久々に平日クライミング。場所は2006年9月に、初めてフリークライミングを経験した柴崎ロック。その時は「ウォーミングフック(10a)」をトップロープで登ったが、トップアウトできなかった苦い思い出がある。そこで今回の目標は「ウォーミングフック」のレッドポイントと、イレブンの人気ルート「うるしぎ(11a)」。横川さんはついにサーティーンのルート、「ジャックポイズン(13a)」にトライする。

3年ぶりに登ったルートは別物になっており、結局「ウォーミングフック」もアップになってしまった。そしていよいよ「うるしぎ」にトライ、下部~中間部はホールドも豊富で比較的楽に登れた。ところが上部のハング越えで、どうしても次の一手が出せずテンション。色々試したが自力では解決できず、横川さんのアドバイスでなんとかトップアウトした。この一手が取れればRPできそうなので、ムービーで何度もムーブを確認しながらレストした。1時間以上レストして2便目も下部~中間部は問題なし、ところが最初のムーブでは核心の一手が届かなかった。体勢を立て直して右足と左足のホールドを確認すると、どうやら右足のホールドが高すぎたようだ。慎重に足を置いて右手で引きつけながら左手を出す、このガバを取ったら右に振られるのだが意地でも離さない。これで初めて城山以外でイレブンをRPしたのだが、結局場所ではなく横川さんのアドバイスがポイントだったようだ。

その後はさらに限界グレードにトライした、凹角とコルネの美しいルート「優等生(11c)」。さすがに2便出してもトップアウトできなかったが、ステミングで全身を使う面白いルートだった。終了点手前の数手が核心なのだが、腕がよれていたこともあって解決できなかった。「優等生」で疲れ果てたのでクールダウンのつもりで「スーパークリップ(10c)」にトライ、横川さんのクライミングを見ていたのでフラッシングできた。横川さんの「ジャックポイズン」はワンテンまできている、次回フレッシュな状態でのトライが楽しみだ。

1、うまいぞギンナン(5.8)RP
2、エントツ(5.9)RP
3、ウォーミングフック(5.10a)RP
4、うるしぎ(5.11a)TO
5、うるしぎ(5.11a)RP
6、優等生(5.11c)XX
7、優等生(5.11c)XX
8、スーパークリップ(5.10c)FL

■うるしぎ


■優等生(本日の最高到達地点)
IMGP1177.jpg
柴崎ロック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。